solutions

ClinPhone™ RTSM

ClinPhone™ 治験薬の無作為化 および治験薬供給管理

PAREXEL Informaticsは、自動無作為化および治験薬ロジスティックス管理をClinPhone™によるRTSM(無作為化および治験薬供給管理)ソリューションを通じて提供しています。これは、インタラクティブ・ボイス・レスポンス(IVR)およびインタラクティブ・ウェブ・レスポンス(IWR)技術を有し、経験豊富で信頼できるプロバイダーであるからこそ、可能なサービスであります。

高度な無作為化および治験薬供給管理アルゴリズムについて、治験薬サプライチェーンの最適化や治験薬節約の最大化、および最も確実な在庫管理を実現するため、研究開発を継続して行っています。

治験の無作為化

ClinPhone™無作為化ソリューションは3000を超える臨床試験で採用され、治験群のバランスの実現、選択の偏りの解消および治験薬割当ての予測を限定するためのサポートを行って参りました。これは、すべて最新の規制に従って実施されています。スタティックブロックドスケジュール(static blocked schedules)から共分散適応無作為化(covariate adaptive randomization)の手法を用いた治験薬割当てまで、さまざまな無作為化手法を実施した幅広い経験を有しています。統計専門技術者によってバリデートされた幅広い選択肢からアルゴリズムが選ぶことができます。また、お客様のニーズに合わせたアルゴリズムを開発し、治験デザインに必要とされる場合に迅速な対応が可能です。

治験薬供給の管理

ClinPhone™治験薬供給管理ソリューションでは、治験薬供給ロジスティックスは中央集中管理されます。IVRおよびIWR技術を用いた同ソリューションにより、治験薬サプライチェーンを通じて治験実施医療機関および各地の拠点における治験薬再保管が自動化され、その結果製薬企業の皆様がより容易かつ効率的に治験薬供給管理を実現できるサービスをご提供しています。高度なアルゴリズムにより、治験全体を通じて薬剤の使用法を最適化することが可能となり、各治験実施医療機関において最少の治験薬在庫を維持しながら、被験者の治験薬が絶えず供給されるシステムを実現しています。

EDCとRTSMの統合

PAREXEL Informaticsは、最新のDataLabs® EDCとClinPhone ™RTSMソリューションの統合を実現し、治験技術のボーダーラインを解消しつつあります。この高度な機能性は、ワークフローを効率化するために両方のソリューションを活用する際に、臨床技術を同時使用する方法において根本的な転換をもたらしました。それによって、直接DataLabsソリューションから無作為化と治験薬の配布が行えるようになりました。