solutions

付属資材供給

治験では治験薬およびその他治験関連薬剤に加え、診断、検査、医療機器、遠心分離機、ディスポーザブル製品、冷蔵庫、コンピュータ、eダイアリー、ECG機器など、その他の供給品も多数必要になります。治験記録の原則として、各治験実施施設には、リファレンスマニュアル、治験責任医師による報告書、症例報告書(CRF)、治験手順書といった、さまざまな治験文書が供給されていなければなりません。

多くの治験においてサプライの複雑さが増していることから、付属資材サプライの品質およびそれらを製造する各種ベンダーの数が大幅に増加しています。グローバル治験に必要な資材を費用効果の高い方法で実施施設に確実に届けることは、ますます難しくなってきています。

パレクセルの付属資材サプライに関する戦略とは、可能な限り非薬剤関連のアクティビティーを統合することを目的としたものです。この業界で最先端の「study-in-a-box」という考え方は、治験実施施設への効率的な配送が可能になるため、複数の発送元から別々の時間に到着し、その都度違う担当者が受け取るという無駄を省きます。

クリニカル・ロジスティックス・リーダーは、あらゆる付属資材の一元管理を提供し、重要なCTM-サプライチェーンの調整を行う中心として機能し、供給品が確実に届くようにサポート致します。

付属資材サプライを一元管理するメリット