Collaboration Toolbox

治験の計画および管理は複雑な作業であり、多くの人や、プロセス、システムが関わり合います。治験に関わるすべての人が、業務を正確かつ効率的に行うことができるように、すべての情報を適切に伝え、最新のドキュメントを確実に届けることは非常に難しい課題です。治験責任医師および治験実施施設の担当者は、治験実施期間中を通して常に、更新や改訂など、大量の情報やドキュメントの管理に追い立てられています。Perceptive My TrialsのCollaboration Toolboxは、こうした問題を解決するために、一目で理解可能な一元化されたツールを提供しており、1つの場所にアクセスすれば、そこから治験および開発プログラムに関するすべての最新情報や文書にアクセスできるようになります。

このCollaboration Toolboxは、治験実施施設とスポンサー間のコミュニケーション、コラボレーション、および情報共有を促進する便利なモジュールで構成されています。これらのモジュールを単独で、あるいは組み合わせて使用することで、治験業務におけるコミュニケーションへの積極的な参加を促し、情報伝達を徹底するための適切なツールを提供致します。

ツールボックスの機能は以下です。

ドキュメント保管:治験薬概要書、治験プロトコール、改訂など、必要なすべての治験文書の最新バージョンを公開したり、アクセスしたりすることができます。

ドキュメント連携・調整:所定のユーザーグループで、新しい治験文書の作成および承認作業を共有し、連携します。フルバージョンコントロールとすべての治験関連文書の作成履歴を管理し、承認された文書を治験コミュニティに公開します。

カレンダー:治験の実施に関わるすべての人に、主な治験実施日時、マイルストーン、イベント、および会議を公開します。

ニュースおよびアナウンス:定期的な連絡、重要な情報、アナウンスの公開を通じて、治験コミュニティへの積極的な参加をうながし、モチベーションを上げ、業務指示の徹底を可能にします。

トレーニング:関連する治験のトレーニング文書や、テクノロジーユーザーガイドなどのリソースを簡単に参照できるようにします。

ディスカッションフォーラム:オープンなディスカッションフォーラムを使用することで、積極的かつインタラクティブな治験コミュニティを構築します。フォーラムは所定のユーザーグループに制限して、治験と実施方法に関する情報や成功実施例を共有するための場を提供することができます。