パレクセル・インターナショナルと明治薬科大学
グローバル化する医薬品業界で活躍できる人材育成プログラムを発表

 

パレクセル・アカデミーを通じて
臨床試験におけるサイトマネージメントに関するパイロットプログラムを実施

 

ボストン、東京、2018年4月9日-世界的なバイオ医薬品サービスプロバイダーであるパレクセル・インターナショナル株式会社(以下、パレクセル)と私立の薬科大学である明治薬科大学は、学部生と大学院生向けに2週間の共同教育プログラムを実施いたしました。このプログラムは、医薬品業界でのキャリアを目指す学生のために、より実践的な内容にデザインされており、臨床試験のサイトマネージメントに関する2週間のカリキュラムです。世界的な実施基準とその実際に沿った内容となっており、全てのプログラムは英語で実施されます。

 

昨今、世界的な医薬品開発が推進され、国際共同試験の増加によって国内外で臨床研究や臨床試験を行う日本の医薬品企業がますます増えています。この共同教育プログラムの取り組みは、ますます複雑になる医薬品業界のニーズに応えることを目的としており、パレクセルが有する医薬品開発に関する専門知識と、「薬」のスペシャリストを輩出してきた明治薬科大学の教育を融合させる事にあります。

 

今回の提携に関し、パレクセル・インターナショナル株式会社の代表取締役 中森省吾は、次のように述べています。「若い人材がグローバルに活躍する機会が増えており、これを後押しする仕組みが必要です。日本人の海外留学生数が減少している昨今、このようなプログラムにより文化や言語を超えたコミュニケーションを疑似体験できるのは学生にとっては貴重な経験になると思います。これまで培ったパレクセルのノウハウを明治薬科大学の教育システムと融合させたこのプログラムが明治薬科大学の学生がグローバルで活躍する一助になればと思っています。」

 

この度のパイロットプログラムは、薬学科5年次の学部生(臨床開発コースおよび海外医療研修コースの学生)18名と大学院生(生命創薬科学専攻 前期 1年生)2名の20名が受講しました。開講期間は、2017年11月27日から12月8日までの2週間で、2018年4月にも2週間のパイロットプログラムが予定されています。全ての授業は、パレクセル・アカデミーから派遣された外国人講師によって行われ、医薬品業界の標準言語である英語を使用し、実際の現場を想定した対話や議論をシミュレーションした授業が行われました。今後、本プログラムは、明治薬科大学で単位取得可能なカリキュラムとするべく試行を重ね、2019年11月に4週間のプログラムとして本格的な開講を計画中です。なお、将来的には、ドイツのパレクセル・アカデミーで数名の長期海外研修も視野に入れています。

 

本プログラムに関し、明治薬科大学の石井啓太郎学長は次のように述べています。
「本学の教育目標の1つに『柔らかな心と豊かな人間性を持った国際的に通用する薬学人を育成する』があります。薬剤師国家試験合格だけに目を向けるのではなく、多方面に興味を持つよう指導しております。本プログラムは、その点からもマッチするものであり、実務を勉強しながら、生きた英語を会得できる絶好の機会であり、きっと魅力あるプログラムになると確信しております。」

 

パレクセルは、1995 年に日本での事業を開始し、現在は東京、神戸、大阪に1,300 人以上の従業員を擁します。製薬企業に対し、臨床研究サービス、コンサルティング、テクノロジーサービスを提供しています。 また、パレクセル・アカデミーは、10 年以上にわたり、アジア、ヨーロッパ、米国のパレクセル社内外の人材向けに、臨床研究マネージメントの実務を学ぶためのさまざまなプログラムを考案・実施してきました。創立以来、約5,000 人の卒業生を輩出しています。

 

<明治薬科大学について>

明治薬科大学は、近年の高度化した医療技術や医薬分業の進展等、刻々と変化する医療環境に応えるため、6 年制の薬学科(入学定員300 名)と4 年制の生命創薬科学科(入学定員60 名)を併設しています。薬学科では、豊かな人間性と高度な専門知識を備えた薬剤師と医療系薬学研究者の育成を、生命創薬科学科では、未来の生命科学と創薬化学の研究者・専門技術者を養成しています。薬科大学の教育における具体的な成果の一つである薬剤師国家試験の合格率は、例年高水準を堅持しております。薬学科では将来を見据えた7 コース独自研修カリキュラムを設け、実務実習や研修を通じて実践的な能力を養成しています。また、生命創薬科学科では「薬科学総合実習・演習」や「卒業研究」等、大学院教育と連動したカリキュラム体系を設け、将来の大学院への進学をスムーズに行う体制を整えています。薬学の専門性を将来に生かしながら、広く社会に貢献できる人材の育成を行っています。

http://www.my-pharm.ac.jp/

 

<パレクセル・インターナショナルについて>

パレクセルはバイオ医薬品サービスプロバイダーとして、世界的なリーディングカンパニーです。医薬品・バイオテクノロジー及び医療機器に関して、臨床研究、薬事コンサルティング等多岐にわたる高い専門知識と臨床試験サポートサービスを提供いたします。新薬開発期間と製品市場浸透の短縮が可能なソリューションの提供に献身し、パレクセルは医薬品開発と薬事コンサルティングから臨床薬理学、臨床試験のマネージメント、新薬開発と継続的な製品化にわたる高い専門性を発展させ、世界100 か国以上でそれらを提供しています。詳細は、下記ウェブサイトをご覧ください。

http://www.parexel.co.jp/

 

パレクセルおよびパレクセル・インフォマティクスは、パレクセル・インターナショナル社またはその関連会社の商標
または登録商標です。