PAREXELはJamie Macdonald氏を最高経営責任者に任命

創業者Josef von Rickenbachは35年間のCEOの任を退き取締役会会長へ

ボストン、2018年3月5日‐世界的な医薬品開発業務受託企業大手のPAREXEL International は、本日、Jamie Macdonald氏を2018年3月15日付で最高経営責任者(CEO)に任命することをお知らせいたします。PAREXELの共同創業者であるJosef von RickenbachはCEOの任務を退き、取締役会会長として引き続き任務にあたります。

Jamie Macdonald

「PAREXELの一員になることはこの上ない光栄です」とJamie Macdonald氏は述べています。「PAREXELは、CRO業界の草分けとして、疾患領域やサービス面での高い専門性とグローバルに展開する革新的なソリューションを兼ね備え、この業界を牽引し続ける企業であるという、すばらしい評価を受けています。Joe (Josef von Rickenbach) は、起業家精神をじっくりと育み、深く根付かせてきました。PAREXELの発展に果たした彼の役割は語りつくすことができません。この受け継がれてきた精神を引き継ぐ機会を与えられたことは身が引き締まる思いであると同時に、今後のPAREXELの持続的な成長と卓越性を楽しみにしています。」

Macdonald氏は、INC Research社(現Syneos Health)において、始めはCEOとして、直近ではVice Chairmanとして数年間牽引しました。Macdonald氏のリーダーシップの下、INC Research社は業界をリードするほどの成長を遂げるとともに、経営上および市場における強力なパフォーマンスを達成し、2014年には新規株式公開(IPO)に成功しました。これに先立ち、同氏はINCのChief Operating Officerを務めました。さらに、Quintiles社(現IQVIA)のシニアバイスプレジデント兼グローバル・プロジェクト・マネジメントの統括を含め、医薬品開発業界において指導者的役職を歴任しました。2015年には、Association of Clinical Research Organizations(ACRO)(医薬品開発業務受託機関協会)理事会の会長を務めています。

Rickenbach氏は1982年にPAREXELを設立し、以降、会長兼CEOとしての任務を果たし、100ヵ国を超える国々で事業展開する評価額50億ドル超の企業に育て上げました。

「我々は35年以上前にPAREXELを創業しましたが、それは新しい企業の始まりというだけでなく、新しい業界の幕開けでもありました」とRickenbach氏は述べています。「今日、新しい時代が始まります。医薬品開発業界はかつてないほど活気に満ちたワクワクする業界になっています。Jamieは、PAREXELを未来へ導くにふさわしいリーダーです。当社の次世代はますます素晴らしくなると確信しており、JamieをPAREXELに迎えることをうれしく思います。彼と共に、市場において引き続きPAREXELのリーダーシップを持続していくことを楽しみにしています」。

スコットランド生まれのMacdonald氏は、国際的な役職に何度も就任してきました。今後は、マサチューセッツ州ウォルサムのPAREXEL本社を拠点とする予定です。

原文はこちら


PAREXEL Internationalについて

PAREXEL Internationalは、医薬品開発受託分野 の世界的なリーディングカンパニーです。第I相~第IV相までの臨床試験、薬事、コンサルティング及び市場アクセス等、高品質のサービスにより、科学的な発見から新しい治療方法に至る道のりをシンプル化します。PAREXELは、世界100ヵ国を超える国々で、疾患、テクノロジー、およびサービス面における総合的な専門性を活用し、画期的なイノベーションとソリューションを提供しています。詳細についてはwww.PAREXEL.com をご覧ください。

PAREXELとPAREXEL Informaticsは、PAREXEL Internationalまたはその関連会社の商標または登録商標です。その他の全ての商標は、各所有者に帰属します。

PAREXEL連絡先:
メディア対応:

Wendy Ryan
電話:+1 781-434-5104
Email:Wendy.Ryan@PAREXEL.com

Kathryn McMahon Arrigg, PAN Communications
電話:+1 617-502-4300
Email:PAREXEL@pancomm.com