PAREXELがライフサイエンス業界の効率向上を目指し、
グローバル データオペレーションサービスの機能強化を発表

メタデータリポジトリの活用により、データ収集から統計解析、申請に至るまで
臨床試験における継ぎ目ない業務フローと効率化を提供します。

ボストン、2017年12月14日 –世界的な医薬品開発業務受託企業大手のPAREXEL Internationalは本日、グローバル データオペレーション(GDO)サービスのプロセスや専門的な機能をさらに強化したソリューションの提供を開始いたしました。これは、データマネジメントや統計プログラミング、生物統計解析等を含む、世界トップレベルの臨床データサービスの機能をさらに強化したものです。ボストン、2017年12月14日 –世界的な医薬品開発業務受託企業大手のPAREXEL Internationalは本日、グローバル データオペレーション(GDO)サービスのプロセスや専門的な機能をさらに強化したソリューションの提供を開始いたしました。これは、データマネジメントや統計プログラミング、生物統計解析等を含む、世界トップレベルの臨床データサービスの機能をさらに強化したものです。

この強化されたデータサービスは、複数の適応症のような複雑な臨床試験に要するバイオ医薬品開発の上市までの期間の短縮や開発コスト削減に役立つよう設計されています。PAREXELが開始するGDOソリューションの機能は以下の通りです。

  • クリニカルメタデータ リポジトリ(Clinical Metadata Repository)
    プロトコールの開発から試験の最終報告までのデータ収集および分析プロセスを簡素化し自動化するための、広範な標準ライブラリをお客様に提供する新しいサービスです。クリニカルメタデータ レポジトリにより、異なるデータ標準で収集された臨床データの相互運用が可能となる他、CDISCのSDTMやADaMへの自動マッピングにも対応しており、データマネジメント業務におけるマッピング作業の負荷が効率的に削減できます。
  • アダプティブ試験対応サービス(Adaptive Trials Offering)
    アダプティブ試験実施に必要とされるデータを活用したデザイン、データ管理およびロジスティクスのための革新的なサービスとテクノロジーを一括して提供するサービスです。アダプティブ試験は効率化とコスト削減を図るうえで有望と認識され、試験計画の不確実性の低減、意思決定プロセスの改善、さらに被検者及び開発企業のリスクの低減のために役立てることが可能です。

PAREXELのグローバル データオペレーションサービスは、臨床試験マネジメントや試験実施を担う、当社のフルサービスの一部としてご利用いただくことも可能ですし、部分的な機能を委託するFunctional Service Provider (FSP)方式でご利用いただくことも可能です。PAREXELのFSP方式を採用された場合、お客様は費用効率の高い方法でリソースを拡大し、フレキシブルなモデルを用い、各試験のニーズに合わせて業務を行うことが可能となります。

「データソースの多様化に伴い、規制当局では承認申請の標準化を推進しています。FDAが新薬開発プロセスで重要視している方向性の一つとして、アダプティブ試験等の代替試験デザインの導入があります。」とPAREXELの コーポレートバイスプレジデントである グローバルデータオペレーションズの Jason Martinは話しています。「PAREXELのグローバル データオペレーションは、グローバルで展開される2,000人以上のエキスパートの力を活用することで、進化し続けるフレキシブルかつエンドツーエンドのソリューションに対応し、お客様の多様なニーズに応えながら、開発コストの削減やタイムラインの前倒しすることを目指します。」

新たにクリニカルメタデータ リポジトリを備え、機能が強化されたPAREXELのグローバル データオペレーションサービスは、40以上のデータ駆動型サービスから成るPAREXEL’s Connected Journey™の最新版であり、現在世界中で利用可能です。グローバル データオペレーションサービスの詳細は、http://www.parexel.com/GDOをご覧ください。


PAREXEL Internationalに関して

PAREXEL Internationalは、医薬品開発業務受託分野の世界的なリーディングカンパニーで、様々な臨床開発業務、コンサルティング、メディカルコミュニケーション、そして技術ソリューション及びサービスを、世界中の製薬企業、バイオテクノロジー企業並びに医療機器企業に提供しています。PAREXELは、製品化までの時間、ピークマーケットペネトレーションの促進を目的としたソリューションの提供に専念しており、医薬品開発/薬事コンサルティングから臨床薬理/臨床試験管理/償還に至る、製品開発及び販売といった連続したシークエンスにおいて、卓越した専門性を有しています。PAREXEL Informaticsは、画像診断を含めた先進的な技術ソリューションを提供することで、臨床開発と薬事関連の情報管理を統合しています。本社はマサチューセッツ州ボストン市近郊にあり、PAREXELの従業員数は約18,900名で、世界52カ国に85の事業所を置いています。PAREXEL Internationalの詳細に関しては、www.PAREXEL.comを参考にして下さい。
PAREXELとPAREXEL Informaticsは、PAREXEL Internationalまたはその関連会社の商標または登録商標です。その他の全ての商標は、各所有者に帰属します。

PAREXEL連絡先:
メディア対応:

Wendy Ryan
電話:+1 781-434-5104
電子メール:Wendy.Ryan@PAREXEL.com

Jenny Radloff, PAN Communications
電話:+1 617-502-4300
電子メール:PAREXEL@pancomm.com