PAREXELとMicrosoftがクラウド技術活用でアライアンスを締結
医薬品開発のスピードアップを目標とします

PAREXELの医薬品開発のノウハウとMicrosoft Azureを組み合わせ
バイオ医薬品業界のデジタル トランスフォーメーションを推進します。

ワシントン州レドモンド、マサチューセッツ州ボストン— 2017年10月24日 —世界的な医薬品開発受託機関であるPAREXEL InternationalとMicrosoftは、技術的な開発アライアンスを締結し、Microsoft Azureをベースとした、ライフサイエンス業界のイノベーションを加速させる技術の開発を目指すことを発表しました。

PAREXELとMicrosoftの協業の目的は、バイオ医薬品業界における開発のスピードを加速させ、新しい治療をより早く患者さんに届けることです。両社は、Microsoftの世界的なクラウドインフラストラクチャやインテリジェンスサービス、そして研究開発能力とPAREXELの世界的な事業展開および臨床/薬事分野の専門性を組み合わせます。

本提携は広範囲に渡りますが、最初のステップとしては、PAREXEL Informaticsの技術及びサービスをMicrosoft Azure上で稼働できるように移管し、PAREXELが提供するテクノロジーをより安全性の高いクラウドプラットフォームで展開します。また、PAREXELとMicrosoftは、患者志向を取り入れた画期的な技術やクラウドベースのサービスを共同開発し、グローバルで事業を展開しているライフサイエンス企業の臨床開発や市場アクセスをサポートします。具体的には、被験者のエンゲージメントを高め、臨床試験への参加が促進されるような技術開発を目指します。さらに、本提携では、これから期待されているプレシジョンメディシン(個別化医療、高精度医療)の実現に向けた探索においても協働していきます。

「今まさに、テクノロジーが、ヘルスケア分野の研究開発における既存モデルを覆しつつあります。」とPAREXEL Informatics社長のXavier Flinoisは述べています。「医薬品開発はますます複雑になる一方で、ソーシャルメディア、アナリティクス、モバイル技術といったイノベーション、そしてIoT(モノのインターネット)により、これまでは不可能であったような患者志向のアプローチが可能となってきています。両社が協業することで、すなわち、Microsoftの革新的なイノベーションとセキュリティ並びに規制コンプライアンスに対するコミットメントとPAREXELの専門性が結びつくことで、医薬品開発にかかる期間が短縮され、これまで以上に、バイオ医薬品業界が患者さんの身近なものになることが期待されます。」

「PAREXELとのパートナリングにより、ライフサイエンス業界におけるデジタルトランスフォーメーションの新たな扉が開くと考えています。」とMicrosoftの事業開発副社長であるPeggy Johnsonは述べています。「Microsoft Azureの世界的なスケールならびにインテリジェンス機能と、PAREXELのバイオ医薬品に関する専門性を組み合わせて、両社はライフサイエンス企業の医薬品開発及び上市プロセスを加速させるお手伝いをします。これらは、Microsoftクラウドの信頼性、セキュリティ、コンプライアンスが基盤となっています。」

Microsoft Azureは、オープンかつ柔軟性に富む、企業レベルのコンピューティングプラットフォーム並びに一連のサービスです。Microsoft Azureには、すでに年10億ドルのセキュリティ開発費用が投資されており、クラウド規制コンプライアンスポートフォリオや世界42箇所で展開している世界トップクラスのデータセンターは、これからデジタルトランスフォーメーションを目指す企業にとってのベネフィットとなります。

PAREXEL Informaticsは、革新的な技術ソリューションを提供しており、被験者のエンゲージメントを高め、臨床試験及び規制関連のプロセスの最適化を行っています。統合ソリューションによって、臨床試験の実施、データ管理及びデータ共有、患者アウトカムのトラッキング及びその報告、世界的な規制関連情報の管理、そして保険者に対してのリアルワールドエビデンスの取得について、バイオ医薬品開発企業の改善に向けた取り組みをサポートしています。

PAREXEL Internationalに関して
PAREXEL Internationalは、医薬品開発受託分野の世界的なリーディングカンパニーで、様々な臨床開発業務、コンサルティング、メディカルコミュニケーション そして技術ソリューション及びサービスを、世界中の製薬企業、バイオテクノロジー企業並びに医療機器企業に提供しています。PAREXELは、製品化までの時間、ピークマーケットペネトレーションを促進するためのソリューションの提供に専念しており、医薬品開発/薬事コンサルティングから臨床薬理/臨床試験管理/償還に至る、製品開発及び販売といった連続したシークエンスにおいて、卓越した専門性を有しています。PAREXEL Informaticsは、画像診断を含めた先進的な技術ソリューションを提供することで、臨床開発と薬事規制関連の情報管理を統合しています。本社はマサチューセッツ州ボストン市近郊にあり、PAREXELの従業員数は約18,900名で、世界52カ国に85の事業所を展開しています。PAREXEL Internationalの詳細に関しては、www.PAREXEL.comをご覧ください。

PAREXELとPAREXEL Informaticsは、PAREXEL Internationalまたはその関連会社の商標または登録商標です。その他の全ての商標は、各所有者に帰属します。

Microsoftに関して
Microsoft (Nasdaq “MSFT” @microsoft)は、モバイル及びクラウド分野の世界的なプラットフォーム及び生産性改善企業で、そのミッションは、地球上の全ての人及び組織をエンパワーメントすることで、より高い目標の達成を目指すことです。

お問い合わせ:
Microsoftメディアリレーションズ, WE Communications for Microsoft, +1 (425) 638-7777, rrt@we-worldwide.com

Wendy Ryan, PAREXEL, +1 (781) 316-4424, Wendy.Ryan@PAREXEL.com

Dana Robie, PAREXEL, +1 (781) 434-4772, Dana.Robie@PAREXEL.com

編集注:詳細情報、ニュース及びMicrosoftの見解に関しては、Microsoftニュースセンター(http://news.microsoft.com)をご覧ください。ウェブのリンク情報及び電話番号/職位は、発表時点では正確なものですが、変更となる可能性があります。そのほかに関して、報道担当者及びアナリストの方は、MicrosoftのRapid Response Teamまたは以下に記載されている担当者に連絡して下さい: http://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contacts