experience

呼吸器系

呼吸器系疾患

パレクセルは多くの経験と専門知識を活かして、バイオ医薬品企業に呼吸器系疾患治療の戦略的かつ実践的ソリューションの提供によって開発プロセスをサポートしています。パレクセルのグローバルチームには、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息、鼻炎、肺線維症、気管支拡張症、嚢胞性線維症、呼吸器感染症等を対象とした臨床試験について、多数の経験があります。
パレクセルは個別の疾患領域に精通し、臨床開発に必要な条件を備えた施設、専門用語、潜在的クエリーを理解しているため、エンドツーエンドの最先端医薬品開発サポートを世界中で提供することができます。

グローバルな呼吸器系専門家を擁する強み:

• 広範な臨床経験と呼吸器領域の具体的な課題や機会を熟知していること。
• 医学的フィージビリティ・スタディの経験と各領域における外部の主要な専門家、その他の著名な治験責任医師と密接な関係を構築していること。
• 厳しいスケジュールの中でも、あらゆる地域で複雑な呼吸器系臨床試験の適切な被験者を募集できる専門知識があること。
• 季節や地域(北半球/南半球)に関係なく、慢性閉塞性肺疾患(COPD)その他の呼吸器系被験者の募集および治験実施に柔軟に対応できること。
• PAREXEL Informatics(パレクセル・インフォマティクス)のメディカルイメージング/臨床データの中央判定における第一人者であること。
• 早期医薬品開発の専門家の技術的な専門知識と能力、呼吸器系治療領域の広範な知識を結集させ、特定の製品要件や被験者集団に対し、適切な技術、最適な試験、科学的アプローチを活用した効率的な開発戦略を設計できること。
• 臨床試験の全段階から承認後のマーケット戦略まで適切な薬事コンサルティングを提供できること。