experience

腫瘍および血液疾患

昨今、がんおよび血液疾患に対する腫瘍・血液病の標的療法が出現し、毎年世界中でがんと診断されるおよそ1千万の人々と、これら疾患に苦しむ多くの患者に大きな希望を与えました。同時に、がんや血液疾患の新たな治療法を開発するバイオ医薬品企業において、臨床試験の実施における医師や被験者の大幅な不足を招いてきました。しかし、お客様が当社の専門性とリソースを活用することで、迅速かつ効率的に製品の開発プロセスを進め、新しい医薬品を必要としている患者さまにお届けすることが可能になります。

腫瘍および血液疾患の豊富な実績

パレクセルの豊富な経験と知識は、がんや血液疾患の新治療法開発が直面している課題に大きく貢献致します。当社には、高度な訓練を受けた腫瘍医および血液内科医30名超が在籍しており、その多くは患者診療や医療教育に現役医師として携わっています。また、当社は過去5年間に17万5千人の患者を対象に数百件の抗がん剤治験に携わり、これら新治療法を市場へと成功裏に投入するために必要なノウハウを有しております。これらの治験の対象は様々ながん治療法、-細胞毒性薬、生物製剤、標的治療法、免疫療法、ワクチン療法、支持療法製品など-に及んでいます。また、腫瘍/血液疾患の経験を有する医師に関する業界最大級のデータベースを保有しています。

さらに、当社はメディカルイメージングテクノロジーの高い専門性を持ってお客様の医薬品開発に貢献することが可能です。メディカルイメージングテクノロジーは、腫瘍および血液疾患の治療薬の有効性と安全性を明らかにする要素としてその重要性が高まっています。パレクセルは、子会社であるPerceptive Informatics社を通して世界でも有数のメディカルイメージングに関するサービスをお客様に提供することが可能です。本サービスには、当社の放射線科医および腫瘍内科医による、お客様の画像収集プロトコールと規制当局の最新要件との適合の確認も含まれます。また、当社は、造影ダイナミック磁気共鳴画像法(Dynamic Contrast Enhanced MRI)による抗血管新生化合物および抗血管化合物のモニタリング等、お客様に最前線の画像サービスをお届けするため、日々新技術への投資を行っております。