carrier

臨床開発部 CRAII S・S

オンコロジーは今一番、医学として進んでいる分野じゃないでしょうか

interview_06_r1_c1

S・S

臨床開発部 CRAII

最初に、現在のお仕事内容について教えていただけますか。

interview_06_r1_c3私は今がんの治験の第Ⅲ相試験で4施設担当しています。
現在のチームで同じ依頼者様からの乳がんの試験を4プロトコール連続で受託しており、6年間ほど従事しています。

オンコロジーアカデミーの感想をいただけますか。

同じオンコロジーでも、普段は自分が担当している領域の乳がんのことしか勉強する機会がなかなかありませんが、オンコロジーアカデミーを受講して、様々な種類のがんについて学ぶことができました。
特にアドバンスコース(上級)では、基礎知識に関することではなく、オンコロジー領域の最新のトレンドや、今はどういうデザインの治験が流行っている等、興味深い内容ばかりでした。ベーシックコース(初級)に比べて、より専門的で実践的な内容になっています。

オンコロジーアカデミーで学んだことはキャリアに役立つと思われますか。

interview_06_r1_c5はい。もちろんそう思います。現在は乳がんの治験を担当していますけれども、今後のオンコロジー分野や違う分野でも知識として使えるものがたくさんありますし、オンコロジーは今一番、医学として進んでいる分野だと思いますので、いろいろな治験に関して学ぶことで視野が広がるという点では、知っておいて絶対に損はないと思います。
また今後、自分がオンコロジーアカデミーで学んだことを後輩や、オンコロジー未経験者たちに教えることができると思います。

今後、オンコロジーアカデミーを受講される方へのアドバイスがありますか。

専門用語に関して講義中は特に詳しい説明がないということもありますので、講義資料をもらった時点でもし分からない用語があれば、調べておく必要があります。分からない用語をそのままにしていると、何のことかわからないまま講義が進んでいくことになりますから。
また、会社でもオンコロジー分野とそれ以外、というふうに区分されているので、オンコロジーは他に比べて若干敷居が高いような気がしますが、おそらくがんはそんなに遠い病気でもなく身近なもので、その他の分野の治験と何も変わらないと思います。確かに特殊なことは多いと思いますけれども、非常に難しいものだと身構えるほどのこともないと思います。

今後もオンコロジーを続けていかれたいと思われますか。

CROでの利点は、多くの色々なお薬の治験の担当ができることだと思います。オンコロジーにこだわらない気持ちもありますけれども、がんの最新の知識を高めるという点においてもオンコロジーには今後も関わっていきたいと思います。

ありがとうございました。